• MacBook
     iTunes Music Store(Japan)
    Apple Store(Japan)
    Apple Store(Japan)

March 30, 2006

こそ〜と教えちゃ〜ね。てぃ・ら・み・す。

いつもお世話になっているbusukeさんから「ティラミス」のことでご意見を承りましたので、早速記事にしちゃいました。
busukeさん、話題提供ありがとうございます。

ここでは我が家のレシピと作り方をご紹介します。と申し上げても、かなり目分量ですので何とぞご容赦を…。

材料:(何人分かな…?けっこう大きいです。)

・マスカルポーネ 250g

・卵の黄身・・・1個分

・砂糖・・・我が家は大さじ3杯くらいですが、お好みで加減してくださいね

・エンジェルフィンガービスケット・・・半袋〜1袋くらい(お皿の大きさ次第です。)

・エスプレッソコーヒー・・・コーヒーカップ1〜2杯分?
 ん〜どれくらいかな…エスプレッソを作る「モカ」(銀色のイタリアらしいエスプレッソマシーン)があるご家庭で2人分モカ(小さいサイズ)だと2回分は必要かな。もし5〜6人分のモカをお持ちのご家庭でしたら1回分で。それ以外の場合…例えば「ネスカフェのエスプレッソ用インスタント」は簡単でおいしいでのお薦めです。

・ダークチョコ(カカオ純度が高ければ高いほど良いですね〜)・・・1枚(100g)

・柔らかめのクリームにしたい場合は、生クリームか牛乳を大さじ1〜2くらい

道具:
・ボール
・茶こし/粉ふるい
・泡立て器
・へら

下準備:
・ダークチョコをフードミキサーにかけ、粉状にしておく。
・エスプレッソコーヒーを作っておく

手順:

1.ボールに卵の黄身を入れて、かるくほぐす。

2.1のボールにお砂糖をいれて、色が白っぽくなるくらいまで混ぜます。

3.2のボールにマスカルポーネを入れて、さらに混ぜ合わせてください。
(適度に滑らかさがでるくらいでいいと思います。もし固すぎたらお好みで生クリームかミルクを『少々』加えてもOKです)

4.エスプレッソコーヒーをボールなどの入れ物に入れてください。

5.フィンガービスケットを4のコーヒーに浸すのですが、すぐに水分を吸って柔らかくなり、壊れてしまいますので、我が家では片面1秒、裏面1秒程度にしています。
(後で、残りのコーヒーをちょこっと上からかけても問題ありませんので…)

6.大きめの深さのある程度あるお皿(我が家は深さ5cmくらいのお皿)に5のフィンガービスケットを並べて行きます。1段にするか2段にするかはお好みで。
(コーヒーが残っていたら、それをビスケットの上に『少し』かけてあげてもいいかと思います。)

7.ビスケットを並べ終わったら3のクリームを6の上に『やさしく』のせていきます。

8.クリームの表面をきれいに平にしてください。

9.そして、粉状にしておいたチョコを茶こしや粉ふるいに入れて、8の表面にたっぷりとかけていきます。

10.アルミ箔などでカバーをして冷蔵庫で冷まします。カバーをする時に、表面にタッチしないようにね。
  せっかくの綺麗な表面が台無しになっちゃうよ〜。
  我が家の場合は1晩寝かして、ビスケットにコーヒーを浸透させ、クリームをしっとりさせます。

そして 出・来・あがり!

抹茶パウダーとチョコパウダーをシマシマにしてもおしゃれです。また、マスカルポーネのクリームに抹茶を加えると和風に仕上がり、ひと味違っておいしいです。

と、我が家のティラミスについてでした。

皆さんのお家では、どんなティラミスを作っていらっしゃいますか?


”In Tutto il Mondo〜世界中で〜”の今日のお題:『良い睡眠は鼻呼吸から』の巻。

    Vote for this site1 vote(Thank you.)

MORE BLOGs:BAMBINA+BLOGS=THE WORLD

 iTunes Music Store(Japan)

Comments on "こそ〜と教えちゃ〜ね。てぃ・ら・み・す。"

 

Blogger Minako said ... (March 31, 2006) : 

秘伝を伝授してくださってありがとう!!
早速プリントアウトしました。
う~ん、美味しそう。次男が牛乳アレルギーだけれど彼には内緒でこっそりいただきますよ。

 

Blogger Bambina said ... (March 31, 2006) : 

Minakoさん
そっか、お子さんのアレルギーが…。
なんとかいい方法はないかな…。オーガニックショップとかだと、ミルクフリーのマスカルポーネとかありそうな…。大豆とかでマスカルポーネがあるといいんですが…。ビスケットも…。
作られたら、仕上がりがどんな感じになったかぜひ教えてくださいね。

 

Anonymous busuke said ... (March 31, 2006) : 

bambinaさん、改め師匠!
早速ブログのネタにしてくださって、どうもありがとうございまーす!
私も早速メモしちゃいましたよ。
これで今度からはティラミスも成功間違いなしですね。
いつも為になるアドヴァイスありがとうございます!

 

Blogger Bambina said ... (March 31, 2006) : 

busukeさん
いえいえ、こちらこそですよ…。
みんなで情報交換し合えるっていいなぁとblogの良さを実感してます。

実はですね、とっても偶然なんですが、ここ数日…ティラミスのレシピを書こうかどうしようか悩んでいたんですよ…。そんな時にbusukeさんからお言葉いただいたので、それじゃ!と思って書かせてもらったんです。
なので、このタイミングにちょっと運命!?を感じました。(笑)
私も久々に作ろうかな…。

 

Blogger Cha Cha said ... (April 04, 2006) : 

すごい、こんなの、家でつくれるんだぁ。これは、ぜひ、試してみたい。

そういえば、以前、カーニバルクルーズで、ティラミスがデザートに出されたことがあります。とっても、美味しくできていて、ついつい、二つも頼んでしまいました。そのくらい、好きです。ダンナも二つ、頼んでました。とホホ。ウェイターさん、いったい、なんと思ったか。

 

Blogger Bambina said ... (April 04, 2006) : 

cha chaさん
ティラミスって実はとっても簡単にできるんですよ…。
材料さえ手に入ればほんの20分くらいで。もっとも食べれるのは冷やして、味がおちつく翌日ですが…。
ぜひ、お嬢さんと一緒にお作りになってはいかがでしょ?

 

Blogger ジャパワイフ said ... (April 06, 2006) : 

ティラミス!!

私何と大学時代にジローラモのイタリア語講座を受けていて、そのときに、今日は授業やめて、ティラミス作ろう!と材料をジローが持ってきて、一緒につくったことがあります!!
ティラミスってチーズこってり系かと思いつつ結構お腹一杯の食後もぺロッと食べられちゃう美味しくて危険なデザートですよね。

 

Blogger Bambina said ... (April 06, 2006) : 

ジャパワイフさん
あ、パンチェッタさん…。学校でもイタリア語を教えているんですが…。NHKや料理番組だけじゃなかったんですね。それにしても授業でティラミスって…これは語学以上にいいイタリア文化の学習でしたね!

実は私も1つジローラモさんネタがあるんです!
独身時代、名古屋に行ったとき、偶然コンビニで遭遇したジローラモさんとお友達に「どこかいいバーとかクラブ知らない?」と聞かれ、3人で一緒に飲んだことがあるんですよ…。(私も地元ではないので、1時間くらい3人でタクシーやら徒歩やらで夜の街を歩きました…)
でもですね…名古屋のクラブは外人さんお断りの場所があって、彼は「俺を誰だとおもってるんだぁ〜!」とすごっくキレてました…。やっぱり有名だから…っていうプライドがあったんでしょうね…。
その後、またまた福岡でも偶然の再会がありました。その時は奥様らしき方が一緒でしたのでお声をかけませんでしたが…。

ジャパワイフさん、イタリア語もお話になるんですか?

 

Blogger ジャパワイフ said ... (April 13, 2006) : 

イタリア語喋れたらいいなと思うのですが、ちょこちょこっと単語知ってるくらいで、文章は作れません。残念ながら・・・。数も10までしか数えられず、イタリアへ訪れた時、「これ幾らですか??」と聞いたら、イタリア語で答えられ、10以上の数が判らず、英語で聞きなおした恥ずかしい思い出があります。
でも、一度はちょっぴりかじったイタリア語、また始めてみようかしら??

 

Blogger Bambina said ... (April 16, 2006) : 

ジャパワイフさん
アメリカもイタリア系移民が多いので、イタリア語っていろいろ使える機会がありそうな感じが…。
ロンドンもイタリア系移民や観光客が多いので、案外使う機会があるんですよ。

 

post a comment

Links to "こそ〜と教えちゃ〜ね。てぃ・ら・み・す。"

Create a Link